私の血管年齢
home          遊泳(水泳)のメリット       心肺機能と運動の効果と適度な運動        【私の血管年齢(2)】                           後発医薬品のすすめ         音楽を聴きながら泳ぐ(Aquabeat)            ★ 筋肉が健康のカギ



           【私の血管年齢(1)】 --血管年齢とは--       水泳(遊泳)の効果 ?

「人は血管とともに老いる」 とは、ウイリアム・オスラー博士(1849〜1919)の有名な言葉ですが”動脈とともに老いる”というのが原典のようです。(A man is as old as his arteries )この血管・動脈が老化して加齢現象が進みますが、特に大動脈の動脈硬化が問題のようです。
血管年齢とは実際の生存年齢にたいして、血管の機能(=動脈硬化の度合い、若い人ほど血管に弾力性がある)が何歳位の年齢に相当するか(健常者の平均値との比較)を示したものです。
血管年齢を測定するには両足首と両上腕の2箇所の波形を計測するものもあるようですが、これは指先で15秒程度で簡単に測れるものです。第一図が私の70歳のときの測定結果です。これによりますと血管推定 年齢が61歳で心拍数が49拍とあり、血管年齢は9歳若く測定結果に大いに満足しています。 (【参考リンク YOMIURI ONLINE 健康plus】★関心高まる血管年齢 ★心拍数減ると 寿命延びる  ★強めの力出して「貯筋」etc
これは50歳台 前半の私の健康状態(冠状動脈循環不全、高血圧、高脂血症、肝臓も腎臓も良くない)からすれば、それ以来続けている 健康増進・運動療法としての水泳(遊泳)の効果のあらわれと考えております。
第一図の一番下の波形をご覧ください。一番高い山・凸の次の波形が右上がりか右下がりかが問題で高齢になれば血管の欠陥 ?が出てきて硬くなり右下がりになるようです。第三図がその説明です。

心臓の拍動による血液の流れは大動脈を流れる血流も指先の末梢血管に流れる血流も良く観察すると同じであり、また その流れの量の変化は体表面(通常指先)から波形として捉えることができ、これが脈波 といわれるものですが、第ニ図はその説明です。

この指先による血管年齢を測定してもらえるところですが、町医者や普通の医療機関では廉い測定器なのに儲からないのか( 信頼度が低いと医者は考えている?)何処の医療機関にも置いておりません。私も2002年に『あなたの「血管年齢」は若返る』高沢謙二 博士という書籍を購入してから6年目にやっと巡りあいました。 血管年齢測定は簡易なメタボ検査よりも時には有効かと思いますが”健康祭り”とか健康イベントで探す方が良いようです。

医療機関に置かれている血管年齢を測定できる器械には、腕と足首の血流を測定して動脈の硬さの指標PWVとその動脈の狭窄・閉塞の判断の指標ABIが測定でき血管年齢も表示するCAVI検査というのがありますが血圧の影響をうけずに測定できるようですので一度受診してみたいと思っています。
★ リンク;動脈硬化net     

第一図  加速度脈波計 ダイナパルス SDP-100 による私の血管年齢

第ニ図

第三図

★続いて 私の血管年齢(2)も読んでください。

★メディカル・アナライザー

SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO