◆ マイオカイン(若返りのホルモン、)
home              遊泳(水泳)のメリット       心肺機能と運動の効果と適度な運動について        私の血管年齢(1)                                後発医薬品のすすめ                音楽を聴きながら泳ぐ(Aquabeat)             貯金と貯筋



          

 ◆ マイオカイン(若返りのホルモン、)
・・・・_高齢者も運動を!_・・・・




私はそんな言葉は使わないが、多分、若者が使う言葉に「オカン」と云う言葉がある。お母さんの「さ」おとれば、「お母ん」となる。
「ウチのオカン」と自分の母親のことを云う。家のオカンを「マイオカン」 と云うか知らないが、私がタイトルの【マイオカイン】を見たとき直ぐ 思いついたのがマイオカンで、ペテン師の菅の間に異(議)を入れれば良いとことにも気がつきました。 詰まらない話を最初にしましたが【マイオカイン】がすぐ覚えられるので紹介しました。

  マイオカインという素晴らしいホルモンのお話です。 このマイオカインは、若返りのホルモンで腰から下の若い筋肉から分泌されるようです。腰から下・若い筋肉と云ってもアソコではありません?
上半身の筋肉からでなく下半身の太ももとその裏、脛の筋肉とお尻の筋肉等が該当すると思います。 若い筋肉と云っても若者の筋肉というのでなく老齢者でも、新たに作り変えられた若い筋肉と云う意味です。

このホルモンは、それ自体が脂肪を分解してくれますし、糖尿病を防いだり血管を柔らかくして血圧を安定させたり動脈硬化を防いだり、認知症や癌にたいしても効果的に働くと云われております。

若返りのためには、腰から下の筋肉を若い新しい筋肉に置き換える必要がありそのためには古い筋肉を一旦壊す必要があるようです。 この筋肉を新たなものに入れ替えるには、筋トレとか足腰を鍛えるパワートレーニング運動が必要となります。(低酸素性トレーニング≒加圧・・や加速振動版) その次に有酸素運動が有効で、壊す運動をしなくても、これだけでも十分効果があります。

新しい筋肉を造るには、激しい運動よりも酸素を多く取り入れられる、ゆっくりとした運動、トレーニングをしたときに多く分泌されるそうです。スローウオーキングやスロージョギング・ストックを使ったノルデックウオーキングやバイク運動が良いようです。 回数ではなくゆっくり時間をかけて行うスロースクワットも良いと思います。 また、食事ではカリウムマグネシウムなどミネラル豊富なナッツ類などを取ると活性物質分泌を促進するそうです。

読んだ本やあちこちのサイトからエキスを取り出し、それをシャッフルしたりブレンドしたりして書いておりますので木に花を繋ぐようなところもあったりしますが、好奇心の赴くまま、また自分の健康やトレーニングを考えるためのメモとして集めたものです。 間違い勘違いもあるかも知れません。       。



◆ 長寿の遺伝子(サーチュイン遺伝子をONにして老化防止) ・・・・・・_少食と運動を心がけよう!__。。。。。。


<<★マイ・ヘルス・アラカルト一覧>>




SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO